Top
Menu
カテゴリ
全体
+ Amami Island +
+ Florida +
+ Tokyo +
+ Trip +
+アメリカの建築学科について+
+グルメ+
+ Link +
+Life+
+Architecture+
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
4/17(Tue)
+大学の治安体制+
b0062431_8543384.jpg


日本でも大々的に報道しているらしいバージニア工科大学での乱射事件。

事件翌日の今日は、UFでも乱射事件に対策について、セキュリティーについてのメールが回ってきました。

本当に、今回の事件は全米中に大きな衝撃を与えたものであったし、大学の治安体制を考えさせられるものでした。

+写真何か感じるものがあれば、ポチッと応援クリックよろしくお願いします+
+写真人気blogRankingに参加しています、ここを1クリックで1票になります+



University of Floridaのキャンパスは、非常に広大な為、大学内の警察(UF Police)が存在します。
日本の大学にいたら大学内に警察?といいたくなるでしょうが・・・
ここアメリカだと必要だな・・と感じられる場面は多々あります。

大学内でのレイプ事件に関しても自分の知ってる限りで2件あり、友人の話によると男が2年前に女性にレイプされたという想像もつかない事件もあったそうです。

今日の写真は、夜遅くまで学校にいて帰宅する場合、深夜3時近くまで運営しているバスに乗り遅れた場合、研究棟・図書館から自分の駐車した車のある駐車場に行くまで不安で心配!という学生送迎してくれるサービスというのがUFには昔から存在します。
(夜遅くというのも、大学の研究棟になると学部によるかもしれませんが24時間OPENですし、図書館は夜中の1時までOPENといった環境)

これは、おそらく全米中の大きな大学ほとんどに備わっているものだと思います。

また、大学のキャンパス内は、約100m間隔で設置された"Emergency"と記された大きなポールがあり、そこのボタンを押すだけでUF Policeに緊急事態を通報できるシステムもとっています。

ヴァージニア工科大の件に関してはもっと犠牲者を増やさなくて済んだのにという声が多い中、UFのみならず、全米中の大学が予防策と対応策を見直す機会となったようです。

UFにいて自分は全く危険を感じることなど一度もないし、警察自体も一日何度も目にしてうざくなるくらい。

でもよく考えてみると、大学生活・学生生活を送るのにこんなに自分の身を守るために警戒して対応策を考えるということ自体が異常ですけどね。

要は、日本がどれだけ平和か!ということでした。

心配してくれて、メールをくれた友人のみんな。あと電話くれた両親。

バージニアは、フロリダから何千キロも離れたアメリカ北部です。御安心を(笑)

ただただ、フロリダのこの平和な町・ゲインズビルでは、絶対にこんな悲惨な事件はおこらないだろうと願うばかりです。

+こんな事件絶対許せない!と思った方、ポチッとクリックおねがいしまーす+
+写真人気blogRankingに参加しています、ここを1クリックで1票になります+
[PR]
by bicky0127 | 2007-04-17 08:53
<< 4/18(Wed) 4/16(Mon) >>