Top
Menu
カテゴリ
全体
+ Amami Island +
+ Florida +
+ Tokyo +
+ Trip +
+アメリカの建築学科について+
+グルメ+
+ Link +
+Life+
+Architecture+
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10/30(Mon) Ken Yeang Lecture...
*今日の一枚*
b0062431_17333536.jpg

マレーシアの建築家Ken Yeang氏のLecture.

ご存知でない方の為に、簡単にKen氏について軽く紹介。
世界TOP50の建築家にも選抜され、マレーシアを拠点として、アジアを中心に世界各国で活躍している建築家&都市プランナー。ちなみにAAスクール&ケンブリッジ大卒(英国)。
b0062431_1750476.jpg


今日は主に、彼の過去30年の大きなプロジェクトからSustainable建築のデザインプロセスについての講義。
*ちなみにSustainableとは環境を破壊することなく、資源利用を活用していくことという意味。
建築でいうと既存している建物を完全に取り壊すのではなく、新たなシステム、プログラムを導入して建築そのものを持続可能なものとして再生、復活させることである。近年の異常なまでの温暖化現象や人口急増化での地球環境・人間に与える負荷を極力抑え、超寿命化することによってどれだけ環境を維持させるかという根本的なシステムプログラムについての講義であった。
b0062431_17492397.jpg

彼の提唱するSustainable建築は、将来自分が地元奄美大島で環境を保持しながら展開できる建築について考えていく上で大きな手がかりとなる建築理論の一つなので、過去の講義に比べると今まで以上に耳の穴かっぽじいての聴講。
b0062431_17494636.jpg

講義内容は、主にEcologicalなDesignとは、L11(環境中の活動)、L12(出力)、L21(入力)、L22(建物内の活動)、全ての要素を検討し、4つの要素を同時にしかも建物のライフサイクルを通じて考えていかなければならないということ。さらに、この4つの要素は互いに影響しあって変化する関係性にあるという理論の説明から入り、実際の彼のProjectのケースを参照してく。また共に、Sustainable理論を基盤としたBioclimatic Architecture(生態気候学的建築)のプログラムについても多々語ってくれました。
b0062431_198714.jpg


講義の後は、個人的に質問しに行き、講義では得ることができなかった建築資材の選定や輸送・活用方法。ランニングコストについてほんの少し得ることができた。
またその時、自分が日本から来た学生であること告げると、以前日本で問題になってた東京・有楽町の三信ビル保存に賛成し、取り壊し案に抗議していたとのこと。ちょっと驚き。
自分の故郷奄美大島の話もできたし、もうちょいいろいろ話したいところだったが他にも多数の学生の質問が待ち受けているので断念。

また、自分が大学院卒業後、どの建築家の下で仕事をして修行をつみたいか選択肢が増えた。

今日の講義はかなりの収穫であり、また建築に対しての魅力・モチベーションも上がった。
まだまだ、勉強、研究していくことたくさんだわ。がんばるべ。

あぁ・・・・。現実に戻ると明日のTheoryクラスの大量のReadingが・・・・・
しかも、現在東海岸時刻am5:00....

★今日も1クリックで応援よろしくお願いします★
★人気blogRanking★

P.S.
・今朝は寝坊し、Studioのクラスに1時間遅刻という最悪なスタート。
・自分のProject3のプレゼン中にプロジェクター故障。
・今日の写真は携帯での撮影。デジカメバッテリー切れ。気づいたの講義開始1分前。
・明日は、友人宅で☆ハローウィンパーティー☆のつもり・・・・
 それまでに、やることすべてすまさねば・・・・・
[PR]
by bicky0127 | 2006-10-30 17:04
<< 10/31(Wed) No T... 10/29(Sat) Summ... >>